役物【やくもの】



役物とは、特定の位置に限定されて使う、瓦やタイルなどの建築材料のことです。
屋根瓦では、棟の端部に使う鬼瓦、軒先に使う軒瓦、切妻屋根の端部(けらば)に使うけらば瓦などがあります。またタイルは、施工部分全体の隅などに使う、4辺のうち1~2辺の角を面取り加工したものなどがあります。

◆「や」からはじまる不動産用語辞典.comオススメページ一覧◆

SUB MENU

おすすめサイト